2017.04.03 Monday

2017年4月のイベント予定

4月になりました!

まだ少し寒さも残りますが、一雨ごとに暖かく、

桜のつぼみもだんだんと膨らんできていますね(*^^*)

 

今月はこんなイベントを実施&出させていただく予定です。

 

 

■□■ 主 催 ■□■

04/22(土) 食べるのこと、考える10の問い「チーズ」 @りんねしゃ宇治店(津島)

★★★津島会場は参加受付中です♪★★★

→→申込フォーム

 

 


□■□ 出 店 □■□

04/09(日) 無化調ラーメン選手権 in 平田寺 @平田寺(北名古屋)

 

04/12(水) 甚目寺観音てづくり朝市 @甚目寺観音(あま)

 

04/12(水) ミーツオーガニックマーケット @東別院(名古屋)

 

04/12(水)〜18(火) “ひと手間”のある暮らし展 @JR名古屋タカシマヤ(名古屋)

 

04/20(木) 木暮らし市場 @エコ建築工房(一宮)

 

04/23(日) iroトリドリマーケット @JR稲沢駅東多目的広場(稲沢)

 

04/24(月) 小倉ヒラク「発酵文化人類学」出版記念イベント in 愛知 @間宮晨一千デザインスタジオ(日進)

→→申込フォーム

 

04/28(土) 東別院てづくり朝市 @東別院(名古屋)

 

 

追加があったら随時更新します♪♪


※出店は予告なく変更・取りやめになる場合があります。ご了承ください。

 

 

2017.03.06 Monday

【報告】味噌&醤油ワークショップを実施しました。

金曜〜日曜にかけて、味噌仕込み・醤油搾り&仕込みの各ワークショップを実施しました。
 

◆焚き火を囲んで味噌仕込み

金曜・土曜は味噌仕込み。

 

前夜から水に漬けた大豆を、薪火で柔らかく煮ておきます。

 

  

 

  

  


麹のお話にへぇ〜とうなずいたり、
すりつぶした大豆の甘さに驚いたり、
作業をしながらわいわい話をするのも、いっしょに作業する醍醐味。

 

 

  

 

  

  

 

手前味噌を作ると、そのおいしさにヤミツキになる人多数。
半年〜1年後、おいしいお味噌が出来上がるのがたのしみです!


◆できたて醤油で…

日曜は醤油搾り&仕込み。
昨年仕込んだ醤油を搾っていきます。


昔は手前味噌同様、各地で見られたという風景ですが、
今ではすっかり珍しくなり、皆さん興味津津。

 

  

 

  

 


搾りたての醤油で食べるたまごかけごはんは格別です!


おみやげの醤油をみんなで瓶詰め。

 

 

 

 

そして、来年に向け仕込みも。
 

  

 


味噌仕込み、醤油搾り&仕込みとも、この時期の恒例行事になってきました。


どうぞ来年もよろしくお願いしますo(^-^)o


◆手搾り醤油おすそわけしています。

手搾り醤油は、店頭・朝市などでおすそわけをしています。
(詳しくはこちら)


直近の出店は、今週末の甚目寺観音てづくり朝市と、
定例化初回のミーツオーガニックマーケット
どちらもお楽しみに。


◆味噌仕込みワークショップのご案内

3月20日(月・祝)のみんパタ“種まき祭り”でも
味噌仕込みワークショップが予定されています。


こちらは、デモンストレーション形式。
その場で仕込んだ味噌の持ち帰りではなく、
すでに出来上がった“手前味噌”のお土産つき。
帰ったらすぐ食べられます(笑)

素敵な昼食会付きのお得な企画です(*^^*)

詳しくは↓から。

 

 


津島・農縁塾みんパタproject Facebokページ

https://www.facebook.com/tsushima.minpata/


ワークショップ申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/ GYNngEiL20guXfpC3
 

 

 

今月は企画・イベント目白押しです。

順次こちらのblogやFacebookページでお知らせしますので、どうぞお楽しみに!




わきた

 

2017.02.17 Friday

【報告】10の問い「醗酵・カカオ」

2月12日(日)、食べるのこと、10の問い「醗酵・カカオ」が開催されました。

3年目となる今年は、装いを新たに“醗酵”を主軸に全6回(偶数月開催)でさまざまなゲストの皆さんにお越しいただきます。


そんな2017シーズン第1回は“カカオ”
そう、チョコレートも“醗酵食品”なのです。


ゲストはWWBジャパン(女性のための世界銀行日本支部)代表の奥谷京子さん。

一見「チョコレートとどんな関係が?」と思われる所属ですが、
WWBジャパンは設立以来地域の素材や土地活かしたコミュニティビジネスに特化して起業サポートをしてきた団体。
奥谷さんも、2013年からインドネシア・フローレス島に入り、現地カカオ生産者を支援しています。


この日の目玉は、なんといっても“手作りカカオドリンクワークショップ”

フローレス島のカカオ豆を使って、美味しいドリンクを作ります。

私たちが目にするカカオ豆の多くは“チョコレート”の形をしたものだと思いますが、

実はこうした固形のチョコレートの登場は19世紀後半。

一方カカオをドリンクにして飲む習慣は、紀元前2000年頃から!

 

中南米の遺跡からは、当時の様子をうかがい知ることができます。
カカオ豆からできた飲みもの“ショコラトル”は『神様の食べもの』といわれ、

「適量を飲むと元気になり、快活、活気づく」ものとして珍重されていました。

そんな歴史を感じられるのがカカオドリンクなのです。


醗酵が済んだカカオ豆がこちら。



 

コーヒー豆などよりはけっこう大きめ。

軽くロースト


(本当は広いフライパンなどが良いのですが、今回は小鍋で)

段々と香ばしいチョコレートの香りが


これをすり鉢&すりこぎですりつぶしていきます。


(けっこう疲れた&時間がかかりました(^o^ゞ)


細かくなったら、温めた牛乳に。

イン!



お好みではちみつや粗糖で甘味づけ〜

完成!




あまりフォトジェニックではないのですが(-_-;)

せっかくなので、ツブツブ食べながら飲んじゃいます。
(茶漉しでこしたり、はじめにお茶パックにいれておいてもOKです)

お味は…


おいしい!!


チョコレートの香りと、
コクがあってクリーミーな口当たり
ココアとはちょっと違う、めちゃくちゃリッチな味わいです❤


ひみつはカカオ豆から作ったこと!
カカオ豆の脂肪分は約53〜55%。
カカオバターと呼ばれるこの脂肪分は、ココアパウダー製造の過程で分離されてしまいます。

(分離したカカオバターは、チョコレートの原料のひとつになります)

 

全国チョコレート業公正取引協議会の定めるチョコレート生地中のココアバター(カカオバター)の割合は18%以上、
ココアパウダーの脂肪分は約11%〜23%程度とされています。

カカオ本来の濃厚な味わいがわかるのは、カカオ豆をまるごと使うからこそ!

話題のカカオポリフェノールもたっぷりです。
血圧低下・動脈硬化予防・抗ストレス・美容効果などが期待できるそう♪
 

 

もちろん、良質の生産・醗酵の過程を経たカカオ豆だからこそ。

 

“醗酵”がキモとなるのです。


この過程には、たくさんの人の並々ならぬ苦労が…

 

●収穫

完熟した頃合いでカカオの実を収穫。

カカオ豆は、外皮・果肉に包まれたカカオの種。

傷をつけないよう慎重に取り出し、小さいもの・虫食い・発芽した実を選別します。

 

画像元:WWBJapanFBページ

 

そのままで置いておくと、中の栄養分が発芽のエネルギーに回され、味が劣化してしまいます。

高温となる醗酵には、発芽をストップする効果もあるそう。

 

●醗酵

果肉(ココアパルプ)ごと醗酵箱に入れてバナナの葉で包みます。

自然に存在するバクテリアが醗酵の重要な要素。

同じ材料でも、場所が変わると=生息するバクテリアによって味が変化するそう!?

画像元:市民バンク

 

●乾燥

1週間の醗酵を経て、乾燥へ。

フローレス島では乾燥室を完備。

露地と違い雨や虫・ごみの混入を避け、効率的に乾燥できます。

45℃以上の高温の中、3時間ごとにひっくり返し、均一にしあげます。

 

●焙煎

最後は焙煎。

焦がさないよう丁寧に丁寧に加熱し、熱々の内に豆の皮をはがします。

やけどや水ぶくれができることもあるそう…

皮を除く手間暇が、よりきめ細かなカカオパウダーに役立ちます。

 

 

よりおいしい原料とするには、栽培現地で早めに醗酵処理をすることが良策。
加工も現地でやれば、雇用を生み出す効果もあります。


しかし、現地の人は、生のまま売り払ってしまうこともあるそう。
一山いくら、の世界なので、十分な選別も行われません。
醗酵には1週間程度、加工も含めればさらに日数がかかるため、より早く現金が得たいと、手間を避けようとするのです。

最近では“ブーム”に乗っかり、カカオからココナッツなど他の作物に転換する動きも一部にあるとか。


カカオが栽培できるのは、赤道付近のごく限られた地域。
一方、消費地は欧米や日本をはじめ、資本の強い国が中心です。

フローレス島でも、カカオはもっぱら商品作物とされ、現地で消費されることは稀でした。


奥谷さんの取り組みは、現地でカカオを栽培するだけにとどまらず、

加工の技術や設備を整え、より付加価値の高く安定した生産を支援することにも及びます。

 

フェアトレードは「買ってあげることで応援」「貧しい現地の人々のために」というのは、日本優位の考え方かもしれません。

 

一生産者・一消費者として、お互いが「感謝の気持ち」をもって、

生産物を介したつながりができることが、本当の意味でのフェアトレードなのかも。

 

現地の人々は本当は一生懸命に、熱意をもって働いています。

画像元:(株)プレス・オールターナティブ

 

 

 

カカオドリンクの作り方を知り、作業や会合のおやつにするようになると、

栽培の良しあしで味が変わることに気づき、付加価値の高いものを作ろうという

意欲が高まったそうです。

 

自分達の作ったカカオのすばらしさを、自分たちが知れば、より質の高い仕事ができるようになる。

どんな食べ物にも、共通することだなぁと感じました。

 


参加者の皆さんへのアンケートでも


「チョコになるところは…そこだったのか!」
「生産の過程の大変さ(発酵から乾燥)を知ることができて、よかったです」

「世界背景にも関わり今後の自分たちの行動や考え方の参考になりました」


などのお声をいただきました。


奥谷さん、素敵なお話をありがとうございました。

 

 

 

ちなみに…

カカオドリンクにはりんねしゃ自慢の「よつ葉 ノンホモ牛乳」を使いました!

 

nonhomo

北海道の指定農場で育った健康な乳牛の生乳を使用。

ホモジナイズド(乳脂肪分均質化)処理をしていないので、生乳により近い味わい。

 

そのままはもちろん、ココアやカフェオレ・ミルクティー

クリームシチューやグラタンetc…めちゃくちゃおいしくなります♪

 

 

数々のワークショップでカカオドリンクを作ってきた奥谷さんも、

「この牛乳を使うと最高においしい!」と太鼓判

 

1000mlパックで295円+税

ご注文いただければ、お取り置きもいたします〜(^^)v

気になる方は、りんねしゃまでお問合せください。 →TEL 0567-24-6580

 


さて、10の問い、次回は4月22日(土)「醗酵×チーズ」!

お楽しみに〜

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/1209594995820966/


申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/ThdFEYpMNMhg3fOc2




わきた

2017.02.15 Wednesday

アサバ受注会&お話会開催します。

 

りんねしゃで以前から取り扱っているおすすめコスメ

 

この度、受注会&お話会を行うことになりました。

 

実際の商品を手に取ったり、生産に関わる方のお話を聞ける貴重な機会。

 

当日ご注文いただくと、お得な価格でご提供します♪(お渡しは後日となります)

 

事前にお申込みいただいた方には、ウレシイお土産付き。

ぜひご参加ください。


■■■アサバ受注会&お話会■■■

「ASABA」「ミズフィール」「セラインオーガニック」などの製造販売元で、40年以上昔から今のスタイルを継承する日本デイリーヘルス株式会社。

 

「自然派化粧品」メーカーとして、へちまをはじめとする原料へのこだわり、作り手の思いをお話しします。

お試し会では、商品を実際に手にとってお試しいただけます。

肌本来の力を高めるスキンケアを是非体感してください。

 

日時: 2017年3月4日(土)

1回目:11時〜12時 2回目:15時〜16時

※味噌仕込みWSと同日開催。WSご参加の方もぜひお越しください

 

会場:りんねしゃ宇治店

 

参加費:無料(お土産付)

 

申込方法:りんねしゃ店頭または電話・メール・申込フォーム等にて連絡ください。

(当日のご参加も可能ですが、お土産の数に限りがありますので、事前のお申込みをおすすめします。)

 

申込フォームはこちら↓

https://goo.gl/forms/G3RHstzIBPdhhOv63

 

当日、会場でご注文いただいた方は【全品20%OFF!】

メイク講習会ではありませんが、ファンデーション・口紅などの色物アイテムのお試しも可能です。

 

 

★ピックアップアイテム

 

アサバ へちま水 
120ml 2,300円+税 ★受注会セール対象

 

画像元:ニップンショッピングプラザ

 

一滴の水も加えていません 
契約農家によって栽培されたへちまの茎から汲み上げられた「植物水」。
へちま水にはタンパク質や糖分、ペクチンなどが豊富に含まれ、日本人のキメ細かな肌によくなじみ、肌荒れ防止に役立ちます。
また、サポニンが多く含まれ肌を乾燥による肌荒れなど様々なトラブルから守ります。

 

 


セラインオーガニック モイスチャーローション 
80ml 2,800円+税 ★受注会セール対象

画像元:ニップンショッピングプラザ

 

 

ダマスクローズ系のかぐわしい香に癒されるローションです。
角質層のすみずみまで共通成分が浸透し、セラミド類似成分であるフィトスフィンゴシンによる保湿、オオヒレアザミエキスで気になる部分に、肌を若々しく保ちハリを維持するカニナバラ果実エキス、肌にツヤを与えるビルベリー葉エキスなど健やかな肌のための潤いエイジングケアが期待できます。
カラスムギ殻粒エキスの働きで肌にハリを与え、更に保湿成分であるヒアルロン酸とシロキクラゲ多糖体の働きで肌に潤いを与え、健やかな肌を与えます。
[パラベンフリー]


アサバ モイストパウダーNSC
1箱 3,800円+税 ★受注会セール対象

画像元:ニップンショッピングプラザ

 

なめらかにうるおいパウダリー。
肌の上をすべるように広がり、明るく艶のある肌に仕上げるパウダータイプのファンデーションです。

 

 

★プレゼント
ご参加いただいた方にお土産付き
※当日のご参加も可能ですが、お土産の数に限りがありますので、事前のお申込みをおすすめします。

 

▲あぶらとり紙、オーガニックコットンのタオルハンカチ、

セラインオーガニック モイスチャーソープ(洗顔ソープ)ミニサイズ 

の3点セット♪
 

 

 

【申込・問い合わせ】
株式会社りんねしゃ http://www.rinnesha.com/
e-mail: rinnesha★gmail.com (★→@)
tel: 0567-24-6580(担当:大島・脇田)
 

 

2017.02.13 Monday

【イベント】食べるのこと、考える10の問い「醗酵・チーズ」

チーズって、全部が醗酵食品じゃないの?
フレッシュモッツァレラをつくろう

 

 

 


 

ーーーーーーーーーー

 

乳を乳酸菌や酵素のはたらきで醗酵させて作るチーズ。

 

長期醗酵させることで、チーズはどのように風味が変わるのか?

保存性を高める「醗酵」と味を奥深くするための「醗酵」の違い。

 

三重県で酪農家を営みながらチーズ作りをしている鈴木さんに、醗酵の視点からチーズのお話を伺います。

 

フレッシュモッツァレラチーズ(熟成させないタイプのチーズ)を実際に目の前で作ったり、市販の牛乳と、生乳の違いの実演も。

 

新鮮な牛乳で作るできたてチーズは格別の美味しさ!

 

ーーーーーーーーーー

 

●ゲスト:鈴木 雄大 / 鈴木牧場 チーズハウス野の歌
1982生まれの34歳。24歳の時に脱サラし、三重県で家業の酪農と河川敷の開拓に着手する。

26歳の時にチーズを作りはじめ、チーズ工房も作りはじめる。28歳で乳製品製造業の許可を取得し、現在は6年目に至る。

 

●ナビゲーター:大島幸枝(りんねしゃ)
愛知県で40年に渡り無添加食品・有機農畜産物を販売する「りんねしゃ」取締役。

類稀な行動力と豊富な知識に裏付けされたトークで、周囲の人を惹きつける魅力的な女性。

 

ーーーーーーーーーー

 

●FOOD:Restaurant The Valencia (名古屋会場のみ)
「Eat seasonallyー旬の食材を食べましょう」「Daily food feesa your mindー毎日の食事があなたの心の糧になる」「”食事”の大切さを伝えていく」をコンセプトにしたレストラン。ひとつひとつ丁寧に、季節を感じ、情熱をそそぎ、手作りにこだわった料理を提案しています。

 

ーーーーーーーーーー
MARKET:りんねしゃ http://www.rinnesha.com/
●フレッシュチーズセレクト
鈴木牧場のおいしいフレッシュチーズと合わせて楽しみたい、オーガニックなこだわりの蜂蜜やオイルなどが並びます。

 

ーーーーーーーーーー

 

【津島会場】
10:30〜12:30 ¥3000(1ドリンク付き)
愛知県津島市宇治町天王前80-2
りんねしゃ宇治店
[名鉄[青塚駅]より徒歩30分
名鉄バス[神守ノリタケ前]より徒歩10分]

 

【名古屋会場】
17:00〜19:30 ¥4500(Restaurant The Valenciaのフード&ドリンク付き)
愛知県日進市赤池2丁目808
柱の杜/間宮晨一千デザインスタジオ1F
[最寄駅:地下鉄赤池駅、徒歩5分]

 

ーーーーーーーーー

 

★お申し込み
下記のフォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/ThdFEYpMNMhg3fOc2

 

ーーーーーーーーー

 

イベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1209594995820966/

 

 

■■■今後の予定■■■

6月24日(土)「だし」

醗酵と熟成のバランス UMAMIの世界を旅しよう!

※募集開始は4月下旬を予定しております。

 

 

2017 食べるのこと、考える10の問い事務局 
e-mail: info@10notoi.net
tel: 0567-24-6580 (りんねしゃ宇治店)

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Archives
Recommend
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM